FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

「一些無可名狀的」.《第九味》.徐國能

  寫作是什麼?
  他們說那是一個人獨自的呢喃,像西風搖曳前庭的梧桐,像夜雨打在殘了的荷葉上,沒有因,也沒有果,無所為,也無所不為,你說那是古畫裡的聲音,有一隻蒼老的耳朵隨時準備傾聽,傾聽西風對蘆葦也曾說過的故事,夜雨對船蓬也曾吟過的詩。那麼詩是什麼?他們說那是廛市喧囂裡的一種寧靜之音,就像一面牆在燈火熄滅後的輕輕嘆息,一條路在行人的步履間默默延長的孤獨。我說我本來自於天地,只待那一列長長的隊伍走盡,生命本無特定的使命與追尋,只是偶然的來到,必然的離去,我無意被感動,亦無意感動別人,不曾留下,也不帶走。你說但你不能禁止那些美,或是不美,在你的眼前的呈現,如一枝旋轉的荷花,並在你的心中成為意義,如一枚蓮子之於整個江南,然後用文字記載下它們,如江淹的筆彩。
21:20 | [文字] 經典分享 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
著色練習 | top | 花なら蕾みのわたしの人生

Comments














管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://sarahwang.blog94.fc2.com/tb.php/85-352e18aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。