FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

The power of love


The power of love - Jennifer Rush



The power of love - Celine Dion


我第一次知道這首歌時,是席琳狄翁唱的。←自此以後以為這首歌就是席琳狄翁唱的人bbb,偶然的機會下得知原來這首歌原著另有其人。
初めてこの曲を知っていたころは、セリーヌ・ディオンさんが演出していたバージョンであった。←それからずっとセリーヌさんは作者と勘違っていたbb。偶然の機会で本当の作者を知ってもらった。
珍妮佛洛許是紐約人,但她去歐洲發展,於1984年寫下這首歌並親自演唱。
ジェニファー・ラッシュさんはニューヨークで生まれ育ち、そのあとはヨーロッパでデビューし、1984年にこの曲を作って自ら演出したということだっと。
此曲在國引起迴響,在英國花了12週才到42名。第13週時它才突然爬升到亞軍,然後在16週時登上冠軍,並蟬聯五週。但在美國卻不順利。1985年,空中補給合唱團 ( Air Supply )的翻唱只得到第68名,1986年初,珍妮佛洛許的原唱版只得到57名,1987年,蘿拉布萊妮根 ( Laura Branigan ) 再次翻唱,得第26名。
1994年,席琳狄翁 ( Celion Dion ) 再次灌錄,終於使它蟬聯四周冠軍。
発表したときはドイツで人気を集めたが、英国で十二週でもかかってやがて第四十二位になった。第十三週に入って以来、ランキングは急劇に高まっていてついに第二位、そして第十六週にやっとチャンピオンとなった。そして次の五週間もだ。でもアメリカではうまくいけなかった。1985年Air Supplyはこの曲を再現し、でもランキングは六十八位に過ぎなかった。1986年、ジェニファー・ラッシュさんのオリジナルバージョンがアメリカに上陸、結果は五十七位だった。1987年、Laura Braniganさんは再びこの曲を演出し、第二十六位となった。
1994年、セリーヌ・ディオンさんがまたこの曲を改めて演出し、今度はようやくチャンピオンとなった。それから四週間続いていたという。


關於資料的部分全是查網路的(噗)。我還滿佩服對音樂史(不對吧)或者對任何事情瞭若指掌倒背如流的人。對這首歌印象深刻的地方在於,不管過幾年聽,這首歌都不會過氣。
この曲に関しての資料は全てネットでリサーチしてもらったもの(汗)。音楽の歴史(歴史って言えるのかな??)或いは他の何かが専門する人々にすっごく憧れていて、むしろ尊敬ということだと。この曲に印象的なところはやはり、何年過ぎても古くさくに感じないところである。
通常流行樂過了那個時間再聽曲調就容易感覺過時…倒也不一定就是「難聽」,而是聽得出來年代很早。但是The power of Love從1984年誕生到如今已經超過24年,卻沒有這種感覺。跨年代的感動總是令我印象深刻。
通常の流行音楽は一定の時期を経ってから昔っぽくになりやすい。調子が悪くなったというわけがないが、ずっと昔のものだっということがよく分かってくる。でもThe power of Loveは生まれてから二十四年にも超えて、古臭さは全然感じてなかった。この点は素晴らしいだと思うのだ。

歌詞收裡面。
歌詞は「続きを読む」の中に。
The power of love - Jennifer Rush

The whispers in the morning of lovers sleeping tight
Are rolling by like thunder now
As I look in your eyes
I hold on to your body
And feel each move you make
Your voice is warm and tender
A love that I could not forsake

*Cause I'm your lady and you are my man
Whenever you reach for me
I'll do all that I can

Lost is how I'm feeling, lying in your arms
When the world outside is too much to take
Then all ends when I'm with you
Even though there maybe times it seems I'm far away
But never wonder where I am
Cause I am always by your side

We're heading for something,
somewhere I've never been
Sometimes I am frightened
But I'm ready to learn about the power of love
The sound of your heart beating made it clear suddenly
The feeling that I can't go on is light-years away
03:32 | [文字] 影音紀事 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
高鐵的不安 | top | May you find some comfort here

Comments














管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://sarahwang.blog94.fc2.com/tb.php/133-a52c634f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。